読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の反日

反日の記事を知らせるブログです。

寛容なのはリベラルじゃなくて保守の方?


11/10(木)〜有本香・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】【Toranomon NEWS】

28分から見てほしいのだが、データが寛容と不寛容をあらわしている。

リベラルな人は、移民やLGBTなどの弱者に寛容であれと言っているが、自分たちと異なる考えには全く不寛容だ。これは、アメリカだけではなく、日本の市民運動家などにも当てはまるように感じる。世界的にリベラルな人は自分の考えが正しいと思いこみすぎるために、異なる考えには不寛容なんじゃないか?それは、自分の考えが正しいのだから上から高圧的に従えと言っているようにも感じる。こういう独善的な考え方が、一党独裁共産主義ナチスを生み出すんじゃないか。リベラルな人は政治的な考え方では寛容かもしれないが、考え方が異なる人にはまったくもって不寛容であることを一度考えてみるべきだ。